※各画像をクリックすると別窓で大きな画像が開き、臨場感が増します。
2014年7月12日 17:25  こんな邪馬台国論はどうでしょうか? 2
『新視点から纒向の国に迫る−祭祀と大麻と忌部氏と−』

 纏向祭祀遺跡から出土の桃の種からの推論は散見するが、同時出土の麻の種は見落とされている。というか。(大)麻はご法度ですからあえて口出しする学者もないのだろうか。ここに注目されたのが山口博先生です。
 図示するとこういうことになるそうです。
...
 松本清張ばりのご推理ですが、図を見てみなさん、納得?殊に、とかく考古学と神話の世界は別物とお考えの方・・・。

最近では森浩一先生ぐらいかなあ(お亡くなりになったことが残念です)、正面から『記紀』にも挑戦された考古学者は・・・。いや神話に手を出す大御所でない考古学徒はつぶされるのかな(余計な邪推ならごめんなさい)。
反論、異論、立場の違い、いろいろあるほうがアマチュア席からの歴史観覧はたのしい。やっぱり、邪馬台国はぬけだせません。




Facebookアカウントをお持ちの方はぜひ「いいね!」ボタンを押して下さい。
>>コメントを書く (0)
▲ページのトップへ戻る

コメント
コメントはありません。
: URL : :
↑↑↑PAGE UP
コメントする





↑↑↑PAGE UP
この記事のトラックバックURL
トラックバックはありません。
:
↑↑↑PAGE UP
Copyright © トンボの眼, All Rights Reserved.