※各画像をクリックすると別窓で大きな画像が開き、臨場感が増します。
2014年7月14日 17:37  馬甲・馬冑
昨日は高久健二先生の連続7回講座『加耶諸国の古墳文化を探る』の第3回「安羅国の古墳−咸安・道項里古墳群を中心に−」がありました。
メモです。
木棺墓…弁韓安邪国(弁韓十二国のひとつ)時期の紀元前1世紀代から墳墓が造営される。紀元前1世紀後半頃から鍛造鉄器が副葬される。牛角形把手付壷など。...

木槨墓…4世紀から5世紀前半代。鉄テイ、鉄鏃、鉄斧、ガラス玉、有刺利器、環頭大刀、X字環状鏡付轡など。高杯に特有の透かし。

馬甲塚…5世紀中葉。馬甲一式、馬冑、セットをなし良好な状態で出土。

堅穴式石槨墓…5世紀後半代。5世紀後半代に墳丘をもつ王墓群が集中して作られている。

横穴式石室墓…6世紀前半。『日本書紀』欽明二年(541)、五年(544)の「任那復興会議」→その後まもなく新羅に投降。

城山山城…安羅国滅亡後の新羅木簡246点が出土。洛東江上・中流域から城山山城に送られた穀物や鉄などの物資に付けられた荷札。新羅の重要拠点。
和歌山の大谷古墳、先日、訪れたさきたま古墳群の将軍山古墳、副葬品のひとつに馬冑があったことを思い出します。

最近の話題では『船原古墳』もあります。馬具ひとつとってもおもしろい。
※掲載は埼玉県立さきたま史跡の博物館発行『ガイドブックさきたま』より

 


Facebookアカウントをお持ちの方はぜひ「いいね!」ボタンを押して下さい。
>>コメントを書く (0)
▲ページのトップへ戻る

コメント
コメントはありません。
: URL : :
↑↑↑PAGE UP
コメントする





↑↑↑PAGE UP
この記事のトラックバックURL
トラックバックはありません。
:
↑↑↑PAGE UP
Copyright © トンボの眼, All Rights Reserved.