PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

韓の国々−『魏志』韓伝の世界

日時:2010年7月4日(日) 10:00〜12:00 (開場09:30)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:西谷正先生(九州歴史資料館館長・九州大学名誉教授)
定員:120名
資料代:1500円

 紀元前から3世紀半ばまでの史料である「魏志」韓伝では、倭の邪馬台国時代と同時期の三つの韓、馬韓・弁韓・辰韓の歴史や風俗が書かれている。韓国での最新の発掘調査の成果をまじえて、帯方郡から狗邪韓国、そして邪馬台国へ至る各国を検証する。西谷正先生の特別講演に引き続いて、高句麗、新羅、百済の三国時代までの朝鮮史を学ぶ連続講座『三韓から三国時代の朝鮮史を学ぶ』を夏、又は秋より開講予定で講師折衝中です。詳細は6月中に発表いたします。  


西谷正先生の横顔

 1938年生まれ。京都大学大学院修士課程修了。奈良国立文化財研究所、福岡県教委、九州大学を経て現在、九州歴史資料館館長、伊都国歴史博物館名誉館長、九州大学名誉教授、前日本考古学協会会長。

主要著書

 『韓国考古通信』(学生社)、『古代朝鮮と日本』(名著出版)、『魏志倭人伝の考古学(学生社)など。

編書

 『考古学による日本歴史』10・16(雄山閣)など。


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。