PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

加藤謙吉先生・連続5回講座
『王権と地方豪族2−その政治的地位をめぐって』

講師:加藤謙吉先生(成城大学・中央大学兼任講師)
定員:90名
資料代:各回1500円・5回連続7000円(事前払い)

 前回の連続講座を引き継ぐ形で、王権と地方豪族の関係をテーマに検討を行います。国造制の成立を基軸に据えて、地方豪族の質的家庭を追求しますが、あわせて地方豪族の中央政界における政治的地位が、どのようなものであったのかという点についても考察するつもりです。地方豪族は中央豪族を主体とする畿内政権の支配下に一方的に組みこまれた弱小勢力にすぎないとする見方が、従来有力でしたが、中央と地方の豪族の間にそれ程隔絶した勢力差が存在したとも考えられず、むしろ中央に出仕もしくは移住することによって、地方出身の豪族が積極的に政治に参加できる道が開けていたような形跡が見受けられます。天武朝における改姓事業を中心に、この問題を取り上げ、その実相を解明したいと思っています。(加藤謙吉)


第1回 『西海道諸国の豪族と磐井の乱(I)』

日時:2011年1月12日(水) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

第2回 『西海道諸国の豪族と磐井の乱(II)』

日時:2011年1月26日(水) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

第3回 『讃岐の国造勢力と因支首―空海と円珍の生家−』

日時:2011年2月23日(水) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:東京江戸博物館学習室1

第4回 『高麗若光と高麗福信』

日時:2011年3月9日(水) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:渋谷区立勤労福祉会館(東京都渋谷区神南1-19-8)
交通:JR線 渋谷駅(中央口)または 東京メトロ 半蔵門線・銀座線・副都心線 渋谷駅(7出口)から徒歩8分パルコ向かい
地図:こちらの地図を参照ください

第5回 『八色の姓の制定と地方出身氏族』

日時:2011年4月6日(水) 14:00〜16:00 (開場13:30)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

加藤謙吉先生の横顔

 1948年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。日本古代史専攻。現在、成城大学・中央大学兼任講師。博士(文学)。

主要著書

 『蘇我氏と大和王権』、『大和政権と古代氏族』、『大和の豪族と渡来人』、『大和政権とフミヒト制』(以上、吉川弘文館)、『秦氏とその民』、『吉士と西漢氏』(以上、白水社)、共編著に『日本書紀の読み方』(講談社現代新書)、『日本古代氏族人名事典』(吉川弘文館)、『日本古代史辞典』(大和書房)、『日本古代史地名辞典』(雄山閣)など。


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。