PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

白石太一郎先生監修連続6回講座
『畿内と東国の終末期古墳を考える』

監修:白石太一郎先生(近つ飛鳥博物館館長・奈良大学名誉教授)
会場:都内区立施設利用予定 3〜2ケ月前に決定します。
資料代:各回:1,800円 全回:10,000円 (いずれも事前払い)

 高松塚古墳壁画の保存問題や牽牛子塚古墳の発掘調査依頼、終末期古墳に対する関心が高くなってきている。ここでいう終末期とは前方後円墳の造営停止後も営まれた古墳のことで、7世紀から8世紀初頭の古墳をいう。そのあり方は、文献資料のみではわからない形成過程の古代国家や古代文化の諸相について、多くのことを教えてくれる。
 今回は、畿内における終末期のあり方と比較して関東における終末期古墳の諸問題を、皆さんとご一緒に考えてみたい。(白石太一郎)


第1回 「畿内における前方後円墳の終焉とその後」

日時:2012年4月7日(土) 13:30〜15:30 (開場13:30)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:白石太一郎先生(近つ飛鳥博物館館長・奈良大学名誉教授)

第2回 「関東における前方後円墳の終焉とその後」

日時:2012年5月5日(土) 13:30〜15:30 (開場13:30)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:白井久美子先生((財)千葉県教育振興財団文化財センター中央調査事務所長)

第3回 「大王陵の成立−八角墳の出現が意味するもの−」

日時:2012年6月9日(土) 13:30〜15:30 (開場13:30)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:白石太一郎先生

第4回 「関東地方の八角墳・上円下方墳を考える」

日時:2012年7月7日(土) 13:30〜15:30 (開場13:30)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:右島和夫先生(群馬大学講師)

第5回 「高松塚古墳とキトラ古墳の語るもの」

日時:2012年8月4日(土) 13:30〜13:30 (開場13:30)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:白石太一郎先生

第6回 「関東の終末期古墳が提起する問題」

日時:2012年9月15日(土) 13:30〜15:30 (開場13:30)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:土生田純之先生(専修大學教授)

※4月開講講座以降、下記適用となります。

※資料代払い込みと参加証

各回、全回申し込みともに事前払制となっております。また当日でも受け付けます。資料代振込は講座実施1週間前を締切り限度とし、1週間以降は当日扱いとなります。

※会場は都内公共施設使用予定です。

メイン会場は豊島区立生活産業プラザ(3ヶ月前)、抽選にはずれた場合は他の施設(豊島区、品川区、新宿区、渋谷区内)の施設(2ヶ月前ないし1ケ月前)となります。3〜2ヶ月前をメドに決定次第、ホームページ等で案内地図付でご案内いたします。
施設使用抽選が行われ、会場の決定、入金確認後、会場案内地図入りの参加証をご送付いたします。実施日の2週間以降のお申込みの場合は参加証を送付いたしませんのでホームページ等で会場確認後、直接会場で受付をお受けください。

※取り消しに関して

原則払い戻し、他講座への振替えはありません。ただし、全回申込み後でやむなく欠席せざるを得ない場合のみ他講座への振替えをお受けいたします(全回払込み割引はなくなりますのでご了承ください)。実施前1週間以前の取り消しの場合は講座資料を無料でご送付いたします。
※事前の人数把握が会場選択、資料作成印刷の部数決定、スムーズな会場受付につながります。早期申し込み、事前払い、事前出欠の連絡などご協力のほどお願い致します。


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。