PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

10月開講白石太一郎先生監修
「関東の終末期古墳を考える」

監修:白石太一郎先生(近つ飛鳥博物館館長・奈良大学名誉教授)
会場:都内区立施設利用予定 3〜2ケ月前に決定します。
資料代:各回1,800円 連続6回10,000円(事前払い) 当日2,000円

※当初予定の第3回と第5回の演題・講師は都合により入れ替えとなりました。
 ご注意ください。(10月31日発信)

蛇穴山古墳/総社古墳群  前方後円墳の造営が停止されて以降なお古墳の造営が続く時代を古墳時代終末期と呼びます。ほぼ7世紀にあたりますが、この次期の関東地方には、同時代の畿内の大王や有力豪族の大型方墳や大型円墳よりはるかに大規模な下総・龍角寺岩屋古墳や下野・壬生車塚古墳などが造営されます。
それが、何を物語るのか、これらの古墳の調査・研究に携わる気鋭の研究者がその歴史的意義を探ります。(白石 太一郎)


第1回 「上野・総社古墳群の再検討」

日時:2012年10月14日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:右島和夫先生(群馬大学講師)

第2回 「武蔵・熊野神社古墳を考える」

日時:2012年11月4日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:土生田純之先生(専修大学教授)

第3回 「下野の終末期大型円墳について」

日時:2012年12月16日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:コア・いけぶくろ(豊島区民センター)(生活産業プラザ隣接)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:君島利行先生(壬生町教育委員会)

第4回 「上総の終末期古墳を考える」

日時:2013年3月17日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:白井久美子先生(千葉県教育振興財団文化財センター調査I課長)

※日時・会場が変更となっています。ご注意下さい。

第5回 「下総・龍角寺岩屋古墳の提起する問題」

日時:2013年2月9日(土) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:白石太一郎先生(奈良大学名誉教授)

第6回 「常陸の終末期古墳を考える」

日時:2013年3月24日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:田中裕先生(茨城大学教授)

お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。