PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

土生田純之先生監修10月開講連続5回講座
「関東の古墳を考える」

監修:土生田純之先生(専修大学教授)
会場:未定会場:都内区立施設利用予定 3〜2ケ月前に決定します。
資料代:各回1800円 連続8500円(事前払い) 当日2000円

 古墳時代の中心地はのちの畿内(奈良・大阪等)にあり、古墳文化は常に畿内からもたらされた。「地方」は、一方的に畿内文化を享受したが、「新来文化の不十分な消化」に終わることもあった。従来の古墳時代観はおおむねこの様な立場に終始してきた。近畿地方の研究者のみならず、「地方」の研究者までが同様の方向で考えてきたのである。今日、畿内の優位性にとどまらず、「地方」の独自性にも配慮した論考が徐々に提示されている。そうした目で関東を考え直そうと思う。(土生田純之)


第1回 「関東の前期古墳を考える−武蔵における古墳時代文化の流入経路−」

日時:2012年10月27日(土) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:コア・いけぶくろ(豊島区民センター)(生活産業プラザ隣接)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:松尾昌彦先生(聖徳大学教授)

第2回 「関東の中期古墳を考える−大王墓の葬地の移動と関東地方の首長墳の動態を探る−」

日時:2012年11月17日(土) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:右島和夫先生(専修大学大学院・群馬大学講師)

第3回 「関東の後期古墳を考える」

日時:2012年12月22日(土) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:右島和夫先生(専修大学大学院・群馬大学講師)

第4回 「関東の終末期古墳を考える−横穴式石室を中心として−」

日時:2013年1月12日(土) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:小林孝秀先生(松戸市立博物館)

第5回 「関東の古墳とをヤマトの古墳を比較する」

日時:2013年1月26日(土) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください
講師:土生田純之先生(専修大学教授)

関連旅行


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。