PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

特別企画 講演と対談シリーズ
塚口義信先生と西川寿勝先生による講演&対談

「応神天皇の実在性と五世紀政権」

講師:塚口義信先生(堺女子短期大学名誉学長・名誉教授)
講師:西川寿勝先生(大阪府教育委員会文化財保護課副主査)
日時:2014年11月24日(月) 13:30〜16:50 (開場13:00)
講演:
西川寿勝先生「応神天皇の実在性と四世紀末の内乱」 13:30〜14:30
塚口義信先生「神武東征伝説と五世紀のヤマト政権」 14:40〜15:40
対談:塚口先生・西川先生「追検証 応神天皇の実在性研究」 15:50〜16:50
会場:千代田区立日比谷図書文化館(旧日比谷図書館)コンベンションホール
交通:都営地下鉄・三田線「内幸町」駅A7出口より徒歩3分、東京メトロ千代田線「霞ヶ関」駅C3出口、日比谷線「霞ヶ関」駅C3出口、丸の内線B2出口よりそれぞれ徒歩5分、JR新橋駅より徒歩10分(日比谷公園内日比谷公会堂隣)
地図:こちらの地図を参照ください
定員:200名
資料代:1800円(事前払い)当日払い:2000円

 応神天皇の宮は大阪市大隅神社周辺、橿原市大軽町周辺に推定され、定まっていません。政権拠点を河内に復元する河内政権論、大和に復元する大和政権論など、論争となっています。今回、考古学と文献史学の研究者による最新研究を紹介します。応神天皇の実在性は神武東征伝説から導ける!塚口先生の最新研究成果を解説いただきます。



お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。