PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

クリスマス連続・特別講演会
‥收古捗稠契萓呼段鵡岷蕾

「東日本からみた伊那谷の古墳−古墳と騎馬軍団−」

日時:2016年12月25日(日) 13:10〜14:40 (開場13:00)
会場:渋谷区立勤労福祉会館(東京都渋谷区神南1-19-8)
※会場が豊島区立生活産業プラザから変更となりました。ご注意ください(10月25日掲載)。
交通:JR線 渋谷駅(中央口)または 東京メトロ 半蔵門線・銀座線・副都心線 渋谷駅(7出口)から徒歩8分パルコ向かい
地図:こちらの地図を参照ください
講師:土生田純之先生(専修大学教授)
資料代:´⊆講4,500円 2,000円(事前払い) 当日:2,300円(ただし事前予約要)
1号墳玄室
高岡1号墳玄室(飯田市)

 伊那地域の古墳の本格的な築造は、5世紀中ごろ以降に馬を受け入れたことから始まりました。そして、6世紀以降、千曲川流域とともに科野国の中心となり、科野国造(しなののくにのみやつこ)の一族が活躍しました。古墳時代の遺跡・遺物を考古学から見直し、あわせてヤマト王権(大王家)との強い結びつきを示す宮号舎人(きゅうごうとねり)氏族と古代の牧について文献学からせまることで、古代史において飯田下伊那地域が果たした役割を明らかにします。


クリスマス連続・特別講演会
∈H文昭先生特別講演会

「箸墓以前のヤマトの首長墓−前方後円墳の起源か瀬田遺跡−」

日時:2016年12月25日(日) 15:00〜16:30 (開場14:50)
会場:渋谷区立勤労福祉会館(東京都渋谷区神南1-19-8)
※会場が豊島区立生活産業プラザから変更となりました。ご注意ください(10月25日掲載)。
交通:JR線 渋谷駅(中央口)または 東京メトロ 半蔵門線・銀座線・副都心線 渋谷駅(7出口)から徒歩8分パルコ向かい
地図:こちらの地図を参照ください
講師:今尾文昭先生(関西大学非常勤講師)
資料代:´4,500円 2,500円(事前払い) 当日:2,800円(ただし事前予約要)
瀬田周溝墓
瀬田周溝墓

 3世紀なかば以降、纏向遺跡の一角に箸墓古墳が傷かれる。長さ280mの巨大前方後円墳である。付近では石塚古墳や勝山古墳など箸墓以前の首長層の墓もある。最近、奈良県橿原市瀬田遺跡で、より古い弥生時代終末期の円形周溝墓が発掘調査された。直径18m、陸橋部が備わる。「前方後円墳の起源か」との報道があり、議論を呼んでいる。講座では、箸墓以前の首長墓について解説し、前方後円古墳の起源解明への課題を整理する。


土生田純之先生の横顔

 1951年(昭和26年)、大阪府生まれ。天理大学文学部卒業後、関西大学大学院博士前期課程を修了。宮内庁書陵部陵墓調査室員、同主任研究官、専修大学文学部助教授を経て現在同学部教授。専門は日本考古学。とくに古墳時代・飛鳥時代を主な研究領域としている。

主要著書

 『日本横穴式石室の系譜』學生社、『黄泉国の成立』學生社、『古墳時代の政治と社会』吉川弘文館、共著石野博信・岩崎卓也・河上邦彦・白石太一郎編『古墳時代の研究7 古墳I 墳丘と内部構造』雄山閣、荒木敏夫編『ヤマト王権と交流の諸相』名著出版、吉村武彦編『継体・欽明朝と仏教伝来』吉川弘文館など多数。

今尾文昭先生の横顔

 1955年兵庫県尼崎市生まれ、1974年同志社大学文学部卒業。1978年奈良県立橿原考古学研究所入所。現在、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館学芸課長、博士(文学)。この間、併せて堺女子短期大学・同志社大学の非常勤講師、国立歴史博物館共同研究員を歴任。2016年3月退職。

主要著書

 『律令期陵墓の成立と都城』古代日本の陵墓と古墳2 青木書店、2008年。『古墳文化の成立と社会』古代日本の陵墓と古墳1 青木書店、2009年。


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。