PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

向井一雄先生連続3回講座
「お城からみた日本古代史−高地性集落から武士の城館まで」

講師:向井一雄先生(古代山城研究会代表)
資料代:各回2500円(事前払) 1週間前〜当日申し込み各回2,800円(会場徴収)

 お城というと、江戸時代の天守閣を持つ近世城郭のイメージが根強い。最近では戦国時代に築かれた山城がたくさんあることが知られるようになり、歴史や城郭ファンの間では中世の城館や山城歩きがちょっとしたブームになっている。
 それでは戦国時代の城は突然現われたのかというと、そうではない。そこに至る長い古代からの前史があって中世の城郭の時代が到来しているのだが、そのことはほとんど知られていない。
 また日本の城郭文化は変化に富んでおり、質量共に、お城の国と言っても過言ではない。そのような城郭文化がどうして日本列島に出来上がったのだろうか。
 本講座では、弥生時代から始まる日本列島のお城の歴史を解説しながら、時代によって激しく変化していく様子や防御施設を必要とした時代毎の社会の背景、古代王権の形成過程や古代国家の支配体制の中で城郭がどのような役割を果たしたのか、そして中国や朝鮮半島といった海外の城郭文化が古代日本に与えた影響について、三回にわたって解説したい。)


第1回 弥生〜古墳時代「古代王権と城・戦争−弥生系環濠集落から豪族居館へ」

日時:2019年4月20日(土) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

第2回 飛鳥〜奈良時代「古代国家の城郭・西と東−古代山城と東北城柵」

日時:2019年5月25日(土) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:未定(都内区立公共施設利用予定 2〜1ヶ月前に決定します)

第3回 平安〜鎌倉時代初期 「中世への胎動−武士の城館誕生史」

日時:2019年6月15日(土) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:未定(都内区立公共施設利用予定 2〜1ヶ月前に決定します)

向井一雄先生の横顔

 1962年愛媛県松山市生まれ。大阪府豊中市、福岡県北九州市、兵庫県尼崎市で育つ。小倉高校の考古学部時代から古代山城に興味を持つ。考古学は関西大学考古学研究室で学ぶ。1986年関西大学経済学部卒。民間企業勤務の傍ら1991年から日本及び韓国、中国東北部に遺る古代朝鮮式山城を研究・調査する研究者間のネットワーク機関として古代山城研究会を組織し、古代山城研究会・代表を務める。現在、東京都八王子市在住。専門は日本考古学、城郭史。
 古代学研究会、考古学研究会、中世城郭研究会、古代交通研究会、日本考古学協会会員。

主要著書・論文

 主な著書は、『日本城郭史』吉川弘文館2016年、『よみがえる古代山城』吉川弘文館2016年。
 代表的な論文としては、「西日本の古代山城遺跡−類型化と編年についての試論」『古代学研究』125号1991年、「山城・神籠石」『古代の官衙遺跡II 遺物・遺跡編』奈良文化財研究所2004年、「古代山城論−学史と展望」『古代文化』62-2:特輯 日本古代山城の調査成果と研究展望(下) 2010年、「高地性集落の比較考古学」『考古学ジャーナル』No.631, 2012年、「韓日古代山城の城門に関する一考察(予察)」『百済文化』第50輯, 韓国公州大学校・百済文化研究所2014年、「日本の烽火通信−近世狼煙場を中心に」『戦乱の空間』第17号2018年。


お申し込み方法

下欄の申し込みフォームに必要事項をご記入し送信下さい。折り返し予約確認メールをお届けします。

お申込みの前に必ずお読み下さい

事前申し込み・資料代事前払い込みに関して

連続講座、特別講演会ともに事前申し込み・資料代の事前払制となっております。ただし、余席ある場合のみ当日申し込みをお受けいたしております。資料代振込は講座実施1週間前を締切り限度とし、1週間以降は当日扱いとなります。(振込用紙での申込み兼用はご遠慮ください。別途申し込みをお願いいたします)

資料代の事前払い振込先

郵便振替記号:00240-7-75335 口座名:トンボの眼

振込用紙(郵便局備え付け利用)の通信欄に講演会会員No、メールアドレス(非会員の方は氏名・住所・電話番号)講座名・実施日を明記しお振込みください。用紙1枚で複数講座申し込みもできます。

会場は都内公共施設使用予定です。

メイン会場は豊島区立生活産業プラザ(3ヶ月前)、品川区立中小企業センター(2ケ月前)です。抽選にはずれた場合は他の施設(豊島区、品川区、新宿区、渋谷区内)の施設(2ヶ月前ないし1ケ月前)となります。未定会場は3、2ヶ月前、少なくとも1ケ月前をメドに確保し、決定次第、ホームページ等でご案内いたします。

参加証は送付いたしておりません。直接、会場にお出かけ下さい。

参加証は送付いたしておりませんので実施日に直接会場にお越し下さい。受付にてお名前をお尋ねして名簿と照合のうえ受講いただきます。都合で日時、会場の変更があった場合のみ事前にメール、ハガキ等でご連絡いたします。当日参加の方は変更等の有無をホームページ等でかならずご確認下さい。

取り消しに関して

原則、払い戻し、他講座への振替はありません。ただし、やむなく欠席せざるを得ない場合のみ事情勘案のうえ他講座への振替えをお受けする場合もございます。事前連絡ない場合の取り消し振替はお受けしかねますのでご了承ください。(連続講座での欠席の場合は全回払割引はなくなりますのでご了承ください)

※事前の人数把握が会場選択、資料作成印刷の部数決定、スムーズな会場受付につながります。早期申し込み、事前払い、事前出欠の連絡などご協力のほどお願い致します。

講座申し込み変更(追加申し込み、キャンセル)の手続きに関して

連続講座で当初申し込み後、新たに次回以降の回をお申し込みいただく際は「追加申し込み」扱いとなります。また、三日以内のキャンセルは原則ご返金の対象となりません(病気・講座中止など止もう得ない場合除く)。いずれもご連絡は「登録内容変更フォーム」からの変更(追加申し込み・キャンセル)をお願いいたします。

講演会会員の方は、会員番号とメールアドレスを入力してボタンをクリックしてください。非会員の方は「会員情報入力」を飛ばして先にお進み手動で必要事項を入力ください。

※同居の場合(ご夫婦など)は2人目は氏名のみで結構です。同居でない複数人数(ご友人など)でお申し込みの場合は、お手数ですが個々人様別にお申し込みいただけますようお願いいたします。

※登録内容変更フォームでは、キャンセル、追加申し込みなど、当初登録した内容を変更することができます。

ホームページからお申し込みいただいた方には、参加申込受付完了のお知らせメールを配信いたします。

メール(または往復ハガキ)でもお申し込みを受け付けております。
いずれも (1)氏名 (2)住所 (3)メールアドレスまたは電話番号を明記ください。