PAGETOP

旅行案内

旅行No.W61-E 下関・朝鮮通信使シンポジウム聴講と日韓海上の道をゆく
下関・相ノ島から対馬・釜山へ

 下関で行われる朝鮮通信使 シンポジウム聴講後、「海遊録」に「余が航海して以来初めて見る神仙境である」と記された相ノ島を訪ね,海上の道を博多から対馬、そして日本にもっとも近い港町・釜山へ。
 日韓交流の歴史の明暗を古代から近代までの歴史の舞台に訪ね、善隣友好の未来を考える。

期間:2008年8月23日(土)〜8月28日(木)=6日間
旅行代金:(大人お一人様/2名一室/エコノミークラス利用):218,000 円
一人部屋追加料金: 33,000 円
食事:全食事付
最少催行:8名
定員:12名
添乗員:全食事付、添乗員同行
◆ ※現地・福岡空港集合・博多港解散料金は別途お問い合わせ下さい。

旅程

■ 1日目
羽田空港・朝→JLまたはNH便→福岡空港=下関=朝鮮通信使講演会聴講、再現朝鮮通信使行列、赤間神宮、関門海峡夜景観光=下関
(下関ホテル泊)
■ 2日目
下関=若戸大橋=若松=糟屋郡新宮町・新宮港〜相ノ島〜新宮港=博多港15:20〜九州郵船・ジェットホイル〜18:25比多勝港=比多勝
(上対馬荘泊)
■ 3日目
比多勝=上県町(千俵蒔山・異国の見える丘展望台)=峰町(木坂海神神社、円通寺)=豊玉町(和多都美神社)=美津島町(万関橋)=厳原
(対馬グランドホテル泊)
■ 4日目
厳原町(長崎県立対馬歴史民俗資料館、宗家菩提寺万松院)=厳原港15:00〜大亜高速海運〜18:00釜山港=釜山
(釜山コモドホテル泊)
■ 5日目
釜山=晋州(晋州城)=蔚山(蔚山倭城)=梵魚寺=東菜
(ホテル農心泊)
■ 6日目
東菜=釜山(龍頭山公園、プサンタワー、城子台)=釜山港・午後〜ジェットホイル〜博多港=福岡空港・夜→JLまたはNH便→羽田空港・解散

※資料請求受付は終了いたしました。