PAGETOP

旅行案内

中世金山城跡・足利学校と両毛の遺跡見学会

期間:2008年11月15日(土)=日帰り
同行解説:石塚久則氏(はにわの会考古学者・文全協会員・日本考古学協会埋文委委員)
旅行代金:5,500円(予価、昼食弁当・バス代・入館料・高速道通行料・資料代・保険込み)
定員:22名
◆ 注意 約4km以上歩きますので、ハイキング靴・服装・雨具を持参ください(小雨実施)。
◆ 新宿駅西口明治安田生命ビル中央通り側集合・解散または10:10東武伊勢崎線集合・17:00頃東武足利市駅解散。(千葉・栃木の方は東武線利用が便利です。ただし参加費は同一です。ご了承ください)

旅程

■ 1日目
07:15新宿駅西口明治安田生命ビル中央通り側集合=07:30出発(〜関越道練馬IC〜花園IC〜10:00頃・東武伊勢崎線太田駅)=国史跡金山城跡(戦国期の石垣と石敷が標高224mの金山山頂を覆う新田国繁の山城。西城、復原された大手虎口石垣、曲輪、物見台、水路を歩く)=太田市立藪塚本町歴史民俗資料館(太田市内考古資料、新田郡庁<(天良七堂遺跡>出土品など展示)=新田郡衙郡庁跡(古代上野国新田郡の政庁跡・車窓見学)=太田天神山古墳(全長210m高さ17mの5世紀の大前方後円墳・車窓見学)=太田市龍舞町古墳公園(塚廻り古墳群4号墳(古墳時代6世紀帆立貝型古墳、埴輪祭式を公園に復元保存)=足利市藤本町・藤本観音山古墳(全長117mの前方後方墳・車窓見学)=足利市八幡・国史跡樺崎寺跡(足利義兼によって創建された鎌倉室町時代の寺院・浄土庭園跡)=国史跡足利学校(足利義兼により創建され、上杉憲実により整備された坂東の大学。発掘調査に基づき江戸中期の建物・厩・土塁・水堀が復原整備された。門・建物など見学)=※作字してください金偏と蛮阿寺<(ばんなじ>(鎌倉時代足利氏の氏寺、武家屋敷、大日如来を祀る本堂などを自由散策)=17:00頃・東武伊勢崎線足利市駅(〜花園IC〜関越道練馬IC〜20:00頃・新宿駅西口明治安田生命ビル前・解散。

※資料請求受付は終了いたしました。