PAGETOP

旅行案内

運慶仏を旅する

期間:2009年2月21日(土)=日帰り
旅行代金:16,000円
食事:昼1回付
最少催行:10名
定員:18名
添乗員:同行します。
◆ 横浜駅集合・解散
◆ 小型24名乗りバス利用

旅程

■ 1日目
横浜駅集合(09:00)=金沢文庫=県立金沢文庫(学芸員による「運慶仏と鑑賞の手引き」聴講)=横須賀=浄楽寺(阿弥陀三尊像、不動明王像、毘沙門天像)=朝比奈=光触寺(阿弥陀三尊像)=(18:00)横浜駅

★浄楽寺…源頼朝が平家追討の戦勝記念に鎌倉に建立し、その後破損したため和田義盛がこの地に移したもの。収蔵庫には運慶作の国重文の阿弥陀三尊像、不動明王立像、毘沙門天立像が安置されている。墓地には前島密の墓がある。

★光触寺(こうそくじ)…1279年に一遍上人によって開基。本堂に安置されている阿弥陀三尊像は運慶・安阿弥・湛慶の3人の名工によるもので、国の重要文化財に指定されている。なかでも運慶作の阿弥陀如来像は、左の頬が黒ずんで焼け跡に見えることから「頬焼け阿弥陀」とも呼ばれている。

※資料請求受付は終了いたしました。