PAGETOP

旅行案内

シリーズ『大シルクロード紀行 奈良からローマへ』全8回
第2回 西安から王道“河西回廊”を巡って敦煌へ14日間

 このシリーズは『トンボの眼』編集室と株式会社Jトラベルセンター(東京都知事登録旅行業第3-5961)とタイアップした旅行で、「トンボの眼」会員およびワールドステイクラブ会員に参加を呼びかける旅行です。2009年2009年5月の『第1回“奈良から西安”』からスタート。今回以後も含め、年2 回(春・秋)全8回で完結します。第2回、本格的なシルクロードへの旅がこの秋から始まります。
 西安から井上靖『敦煌』の時代背景となった西夏王国の都(興京府)であった銀川、黄河流域の大都市で甘粛省の省都・蘭州、河西回廊東端にあり高僧・鳩摩羅什ゆかりの武威、祁連山脈北麓のオアシス・張掖、そして酒泉、万里の長城の西端・嘉峪関・・・。敦煌では3泊し、莫高窟見学やしばしの休息。今回の旅はここまで。

期間:2009年10月12日(月)〜10月25日(日)=14日間
旅行代金:(2名1室) 成田・関空・福岡発着同一料金:366,000円
一人部屋追加料金: 58,200円
食事:朝13回・昼12回・夕11回付き
最少催行:10名
定員:20名
添乗員:成田より同行します。
◆ マイレージ利用の場合、地上費294,000円(中国国内線含む)、航空運賃72,000円
◆ 日本・中国航空施設使用料、燃費サーチャージ約4,980円別途
◆ 成田発着・関空・福岡発着

旅程

■ 1日目
成田・関空・福岡→西安
■ 2日目
西安(陝西省歴史博物館、慈恩寺大雁塔、青龍寺)
■ 3日目
西安(兵馬俑、華清池)、西安→銀川
■ 4日目
銀川(西夏王陵など)
■ 5日目
銀川→蘭州(甘粛省博物館、五泉山公園など)
■ 6日目
炳霊寺(唐代磨崖仏)=武威
■ 7日目
武威(羅什寺塔)=張掖
■ 8日目
張掖(大仏寺、万寿寺木塔など)=酒泉
■ 9日目
酒泉(鐘鼓楼など)=敦煌
■ 10日目
敦煌(莫高窟、鳴沙山、月牙山)
■ 11日目
敦煌(陽関、玉門関)
■ 12日目
敦煌→北京(故宮)
■ 13日目
明の北京(万里の長城、十三陵)
■ 14日目
北京→成田・関空・福岡

※資料請求受付は終了いたしました。