PAGETOP

旅行案内

職人を訪ねるスローな旅
〜食・窯元・伝統工芸。八女・小石原・小鹿田へ〜

 福岡県八女地方は、南を熊本県、東を大分県と接し、古くから交通や交易の要所として多くの歴史を重ねてきました。豪商たちが街道筋に並んだ町並みは、今もその頃の姿を残し、「八女福島の伝統的町並保存群」として全国的に有名です。
 財も資源も豊かだったここでは、様々な伝統工芸が栄え、職人たちが腕を競っていました。普段の私たちの生活からそれらの工芸品が姿を消すとともにかつての活気はうせたものの、今も一流の職人たちが、生業として日々、こつこつと黙々とものづくりを続けて暮らしています。
 大正時代の建物で藍甕がぷくぷくと発酵を続ける藍染工房、川のほとりの水車小屋で線香をつくる線香工房、楮(こうぞ)や三椏(みつまた)から一枚ずつ湯気をあげてふわーっと紙になる手すき和紙工房、杜氏たちが生きもの対生きものとして麹にむきあう酒蔵。
 職人さんの仕事ぶりを拝見しながら、ものづくりの原点を巡ります。宿泊は、星の観察で有名な星野村。天体望遠鏡を覗くと昼間でも星が見えるのは驚きです。温泉につかり、手が届きそうな満天の星に包まれる。福岡からわずか1時間半なのに。
 ここは玉露でもとても有名。極上の玉露でしか味わえない「しずく茶」はぜひ堪能しなくては。甘いとろりとした玉露を2煎目もいただき、最後はポン酢でお茶の葉を頂きます。これが美味!
 スローな旅にお出かけ下さい。

期間:2009年10月29日(木)〜10月31日(土)=3日間
旅行代金:未定 2名1室
一人部屋追加料金: 未定
食事: 朝2・昼3・夕2回付
最少催行:10名
定員:25名
添乗員:羽田からは同行しませんが、福岡空港〜福岡空港で同行します。
◆ 羽田発着

旅程


※資料請求受付は終了いたしました。