PAGETOP

旅行案内

日本文化のルーツを求めて シリーズ韓国5千年の旅編
第2回・韓国縦断歴史の旅

 日本と韓国はもっとも近い隣国同士であるばかりでなく、歴史や文化の上でも深く関わってきました。百済と新羅の古都めぐりを通じて、三国から統一新羅にいたる歴史発展の跡をたどって、古代日本との文化の関係を実感いただきます。韓国旅行の入門・充実編です。

期間:2011年4月19日(火)〜4月26日(火)=8日間
旅行代金:178,000円(2名1室)
一人部屋追加料金: 46,000円
食事:朝・7・昼・8・夕7回付
最少催行:15名
定員:20名
添乗員:同行講師はつきませんが現地に精通した添乗員が成田空港より同行、現地ガイドがご案内いたします。
◆ 成田発着
◆ 企画:『トンボの眼』編集室
◆ 旅行企画・実施:(株)道祖神

旅程

■ 1日目
成田空港(09:20)→KE706→(12:00)仁川空港=江華島(江華府跡、草芝鎮、北方式支石など)
(ソウル泊)
■ 2日目
ソウル(李王朝の宮殿・景福宮、韓国5000年の考古・美術の殿堂・国立中央博物館など)=忠州(新羅時代に千勒の遊楽地だった弾琴台など)=浮石寺(新羅の文武王により創建、初めて華厳宗を広めた名刹)=安東
(安東泊)
■ 3日目
安東(仮面の村として名高い河回両斑村、世界遺産にもなった原形が保存された建物群など安東の町並みなど)=百済の故地・公州(武寧王陵、公州国立博物館など)=百済の故地・扶余
(扶余泊)
■ 4日目
扶余(扶余国立博物館、百済城址・扶蘇山城、白馬江川くだりなど)=南原(朝鮮王朝の楼閣、春香伝でも知られる広寒楼など)=華厳寺(新羅の名刹)=晋州
(晋州泊)
■ 5日目
晋州(文禄の役の激戦地・晋州城、加耶の遺物を展示する晋州国立博物館など)=威安(加耶時代の威安古墳群)=新羅の都・慶州
(慶州泊)
■ 6日目
慶州(統一新羅時代の仏国寺、釈迦如来石像を安置する石窟庵、古墳公園にある天馬塚、国立慶州博物館など)
(慶州泊)
■ 7日目
慶州=釜山(建国伝説の亀旨峰、大成洞古墳群、金海国立博物館)=釜山
■ 8日目
釜山=釜山空港(10:50)→KE715→(12:50)成田空港・解散

資料請求・お申し込み

上記の海外旅行は『トンボの眼編集室』が企画し、(株)道祖神(観光庁登録旅行業第757号東京都港区芝5-13-18 MTCビル 9F)が旅行企画・実施する募集企画型旅行です。

お問合せ、資料請求、お申込みは旅行取り扱い会社Jトラベルセンターまで。

株式会社Jトラベルセンター
〒105-0013 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル3階
TEL:03-6402-7585 FAX:03-6402-7583
担当:宮地・水沢

※資料請求受付は終了いたしました。