PAGETOP

旅行案内

奈良から中国へ、遣唐使に学ぶ

期間:2011年5月12日(木)〜5月19日(木)=8日間
旅行代金:259,000円(2名1室)
一人部屋追加料金: 52,000円
食事:朝7・昼7・夕6回付き
最少催行:15名
定員:20名
添乗員:同行しお世話いたします。
◆ 奈良1泊2日のみ参加の場合の旅行代金:29,000円
◆ 中国旅行のみ参加の場合の旅行代金:238,00円(関空発着・成田発着同一)
◆ 早期申込割引特典:3月31日までにお申込み、旅行手続き終了の場合、上記旅行代金から5,000円を割引いたします(但し奈良1泊2日の旅行には適用なし。トンボの眼購読割引との併用可です)。
◆ 企画:『トンボの眼』編集室
◆ 旅行企画・実施:(株)道祖神

旅程

■ 1日目
10:00 奈良国立博物館前集合
10:15〜 同博物館学芸部長 西山厚氏の講演 『遣唐使に学ぶ』  12:15終了
昼食後、同博物館見学(入場料は含)
特別展“誕生中国文明”開催中
15:30〜 『興福寺』及び世界遺産『元興寺』見学
夕刻 ホテルへ
(奈良・ホテルフジタ泊)
■ 2日目
09:00〜 奈良の古寺 見学
西大寺(真言律宗の総本山)見学、大茶盛をお楽しみください。 法華寺、『光明皇后ゆかりの門跡尼寺』、海竜王寺(かつて遣唐使の航海無事を祈った大安寺(奈良時代の国際交流センターとも言うべき、現在高野山真言宗のお寺)を見学。途中市内の食事ところにて昼食。
夕刻:関西国際空港に移動。
(関西国際空港泊)
■ 3日目
関西国際空港(09:25)→CA164→(10:55)上海空港=車にて杭州湾を跨ぐ36kmの“杭州跨海大橋”を渡り、かつて遣唐使の到着する港であった寧波へ。
(寧波泊)
■ 4日目
寧波=天竜寺(中国禅宗五大山の一つで道元も修行)=寧波( 阿育王寺など)=紹興(魯迅旧居、夏王朝の始祖禹陵など)=中国六大古都の一つ杭州
(杭州泊)
■ 5日目
杭州(西湖、六和塔、霊隠寺、龍井茶で有名な茶葉博物館など)
(杭州泊)
■ 6日目
杭州=江南地方、紫砂陶器で有名な宣興経由南京(南京博物館など)
(南京泊)
■ 7日目
南京=揚州(鑑真和上ゆかりの大明寺、何園など)
(揚州泊)
■ 8日目
揚州=上海空港(14:15)→CA919→(18:10)成田空港

資料請求・お申し込み

上記の海外旅行は『トンボの眼編集室』が企画し、(株)道祖神(観光庁登録旅行業第757号東京都港区芝5-13-18 MTCビル 9F)が旅行企画・実施する募集企画型旅行です。

お問合せ、資料請求、お申込みは旅行取り扱い会社Jトラベルセンターまで。

株式会社Jトラベルセンター
〒105-0013 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル3階
TEL:03-6402-7585 FAX:03-6402-7583
担当:宮地・水沢

※資料請求受付は終了いたしました。