PAGETOP

旅行案内

山口博先生同行解説
シリーズ『古事記神話の風土を訪ねる』第2回

『ヌナカワヒメ伝説地と越の国への旅』

−万葉・記紀の世界と縄文から続く古代史−
 都人からは「天離(あまざかる)る鄙(ひな)」といわれた「越(こし)の国(くに)」は、太古からヒスイなど豊かな鉱物を産する地でした。ここは縄文の時代から日本海を通して出雲をはじめとする東西の様々な文化が交流する場でもありました。火焔土器、四隅突出墓、木工技術などなど…その古代の痕跡には驚くばかりです。さらに、古事記にみえるロマンあふれるヌナカワヒメ伝説や大伴家持に代表される越中の万葉歌人により歌われた豊かな風光…。
 少し欲張りかも知れませんが、こうしたことごとをまとめてご満喫いただけたらと富山大名誉教授の山口博先生に企画いただきました。好評の『古事記神話の風土を訪ねる』シリーズの第2弾です。

期間:2012年7月9日(月)〜7月11日(水)=3日間
同行解説:山口博先生(富山大学・聖徳大学名誉教授)
旅行代金:73,000円(2名1室)
一人部屋追加料金: 3,800円
食事:朝・2・昼・3・夕2回付
最少催行:10名
定員:25名
◆ JR東京駅発着
◆ 添乗員:東京駅より『トンボの眼』佐々木が同行いたします。
◆ JR高岡駅集合・JR直江津駅解散。
◆ 添乗員:『トンボの眼』編集室・佐々木が高岡駅から同行します。
◆ 企画:『トンボの眼』編集室

旅程

■ 1日目
<08:30集合>東京駅(08:52)=MAXとき311号=(10:26)越後湯沢駅(10:48)=はくたか6号=(12:57)高岡駅=高岡市(高岡市立博物館・万葉歴史館・雨晴・桜谷古墳)=氷見(柳田布尾山古墳・十二町潟水郷公園・家持神社)=二上山万葉ライン=高岡
(高岡市泊)
■ 2日目
高岡市(勝興寺・寺井かたかご碑・国司館跡・国分寺跡)=富山市(富山市考古資料館・王塚古墳・勅使塚古墳・富山県埋蔵文化財センター)=婦中町(杉谷四号墓)=北代縄文公園=魚津市
(魚津市泊)
■ 3日目
魚津市=朝日町(朝日町宮崎自然博物館・不動堂遺跡・宮崎海岸・境A遺跡)=糸魚川市(寺地遺跡・長者ケ原遺跡・小滝川翡翠峡・糸魚川市フォッサマグナミュージアム・市役所前の奴奈川姫像・天津神社)=直江津(岩殿山明静院)=15:30頃着・直江津駅(16:00)=はくたか17号=(16:54)越後湯沢(17:02)=MAXとき336=(18:20)東京駅・解散。

※第2回以降、
第3回『天孫降臨神話の地と西都原古墳群への旅』 11月22日(木)〜25日(日)=4日間
事前パンフレット請求受け付けております。出来次第ご送付いたします。


資料請求・お申し込み

上記の国内旅行は『トンボの眼編集室』が企画し、株式会社Jトラベルセンター(東京都知事登録旅行業第2-5961 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル3)が旅行企画・実施する募集企画型旅行です。

お問合せ、資料請求、お申込みは旅行取り扱い会社Jトラベルセンターまで。

株式会社Jトラベルセンター
〒105-0013 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル3階
TEL:03-6402-7585 FAX:03-6402-7583
担当:宮地・水沢

※資料請求受付は終了いたしました。