PAGETOP

旅行案内

東国の古墳を探るシリーズ
甲斐国・甲府盆地の古墳を探る

 甲斐盆地を形成する南側の丘陵にある風土記の丘の古墳群、甲斐国の中でも最も集中して古墳群が見られる一宮町の古墳群を見学します。甲斐国分寺跡や縄文・古墳時代・奈良・平安時代の山梨県を知ることができる山梨県立考古博物館、釈迦堂遺跡博物館も見学します。春先、ピンクの桃の花が咲いていればいいのですが・・・。

期間:2016年4月10日(日)=日帰り
食事:昼1回付
最少催行:8名
定員:20名
添乗員:東京駅より同行
◆ JR東京駅集合/解散※厚木駅発着も可
◆ 中型バス利用
甲斐銚子塚古墳
東日本最大級の前方後円墳/甲斐銚子塚古墳
山梨県立博物館
縄文時代早期の尖底土器展示/山梨県立博物館

旅程

■ 1日目
(09:00)JR東京駅前集合=霞ヶ関IC=首都高・中央自動車道=甲府南IC=甲斐風土記の丘(山梨県立考古博物館・甲斐風土記の丘考古館・甲斐銚子塚古墳・大丸山古墳・丸山塚古墳・稲荷塚古墳)=一宮町(釈迦堂遺跡博物館・甲斐国分寺跡・国分尼寺跡・国分寺築地古墳群・経塚古墳・四ツ塚古墳)=一宮御坂IC=中央自動車道・首都高=霞ヶ関IC=(19:00頃)JR東京駅前


資料請求・お問い合わせ先

上記の国内旅行は『トンボの眼編集室』が、『トンボの眼講演会会員』向けに企画および旅程を立案し、当編集室が指定する旅行会社に手配を依頼、旅行会社との間で受注型企画旅行契約を締結する受注型企画旅行です。取消料金等の旅行諸条件は、お知らせする手配依頼会社にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ先
『トンボの眼』編集室
〒234-0051 横浜市港南区日野8-16-3-104
TEL:090-1706-6024 FAX:045-846-9781
担当:佐々木 章

※資料請求受付は終了いたしました。