PAGETOP

旅行案内

右島和夫先生同行解説(日帰り)旅行
群馬県立歴史博物館リニューアルオープン&
右島館長就任記念現地講座

期間:2016年9月3日(土)=日帰り
同行解説:右島和夫先生(群馬県立歴史博物館館長)
旅行代金:14,000円
食事:昼食1回
最少催行:15名
定員:20名
添乗員:JR高崎駅から同行します。
◆ JR高崎駅集合・解散
◆ 中型バス利用

旅程

■ 1日目
(10:30)JR高崎駅前集合=倉賀野・群馬県立歴史博物館(新館長・右島先生に「東国の古代豪族と古墳・集落・渡来人」のテーマにそって館内をご案内いただき、講座受講)=倉賀野河岸= (浅間山古墳、大鶴巻古墳、小鶴巻古墳)=(16:30頃) JR高崎駅前、解散。

※倉賀野河岸
 高崎市倉賀野町にあった利根川筋の最上流に位置する、倉賀野宿併設の河岸。倉賀野宿は、すでに鎌倉時代には鎌倉街道の宿として成立していたが、近世においては中山道に加え日光例幣使(れいへいし)街道の起点を兼ね、江戸と上信越を結ぶ物資の集散地として繁栄した。

※浅間山古墳・倉賀野古墳群
 浅間山古墳は高崎市の東南の平野部に位置する前方後円墳で、群馬県内では太田天神山古墳(太田市)に次ぐ第2位、関東地方では太田天神山古墳、舟塚山古墳(茨城県石岡市)に次ぐ第3位の規模の古墳である墳丘長 (墳丘長171.5メートル)。4世紀末から5世紀初頭頃の築造と推定される。付近には古墳時代初期から後期にかけての古墳群(倉賀野古墳群)が形成され、大鶴巻古墳(墳丘長122メートル、国の史跡)・小鶴巻古墳(墳丘長80メートル)などの前方後円墳が存在する。


資料請求・お問い合わせ先

上記の国内旅行は『トンボの眼編集室』が、『トンボの眼講演会会員』向けに企画および旅程を立案し、当編集室が指定する旅行会社に手配を依頼、旅行会社との間で受注型企画旅行契約を締結する受注型企画旅行です。取消料金等の旅行諸条件は、お知らせする手配依頼会社にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ先
『トンボの眼』編集室
〒234-0051 横浜市港南区日野8-16-3-104
TEL:090-1706-6024 FAX:045-846-9781
担当:佐々木 章

※資料請求受付は終了いたしました。