PAGETOP

旅行案内

中尾智行先生同行解説
大阪府立弥生文化博物館「世界の文字の物語」展関連旅行

黄河流域の古王国・殷墟を行く

期間:2016年10月21日(金)〜10月26日(水)=6日間
同行解説:中尾智行先生(大阪府立弥生文化博物館総括学芸員)
旅行代金:213,000円(2名1室)
(成田空港使用料・現地空港税・燃費サーチャージなど合計約7500円は別途)
一人部屋追加料金: 24,000円
食事:全食付(朝5・昼・4夕食5回、機内食2回)
最少催行:15名
添乗員:原則として関空より辻田順一(通訳兼)、成田より佐々木章が同行いたします。
◆ 中国東方航空利用予定
◆ 成田発着・関空発着
◆ 関空発着組は上海空港で合流・離団
◆ 旅行主催/企画・実施 株式会社 国際交流サービス(大阪市中央区久宝寺町1−7−16ハイタウン北久宝寺ビル102・観光庁長官登録旅行業第1793号)

旅程

■ 1日目
成田空港(10:55)→中国東方航空(MU)272便→(13:20)上海空港(16:50)→MU5657便→(19:20)邯鄲空港=邯鄲
(邯鄲賓館泊)
■ 2日目
邯鄲(越王城遺址、鄴城遺跡、三台遺址、鄴城博物館)=安陽
(安陽賓館泊)
■ 3日目
安陽 (殷墟博物苑、殷墟王陵遺址、中国文字博物館)
(安陽賓館泊)
■ 4日目
安陽=内黄県(三揚荘漢代田宅遺存の遺跡)=鄭州(鄭州商代遺跡)
(民航大酒店泊)
■ 5日目
鄭州(河南博物院、鄭州市博物館、河南省考古研究所)
(民航大酒店泊)
■ 6日目
鄭州=新鄭(鄭韓故城)=鄭州空港(12:45)→FM821便→(14:30)上海空港(17:15)→MU271便→(20:55)成田空港着・解散。

お知らせ

国際交流サービスとの提携

 この度、『トンボの眼』は旅企画や旅つくりのコンセプトが同様の旅行会社(株式会社 国際交流サービス(大阪市中央区久宝寺町1-7-16ハイタウン北久宝寺ビル102・観光庁長官登録旅行業第1793号)と業務提携することにいたしました。
 今後、『トンボの眼』では従来同様に、講座を担当いただく先生による講師同行旅行、『トンボの眼』ならではのオリジナル旅行の他に関東にある博物館との共同企画・特別展関連企画旅行といったさらに、歴史・考古学にテーマを特化した旅行を企画していきます。
 実施の全ての旅行は株式会社・国際交流サービスが主催、企画実施する旅行商品として発表してまいります。『トンボの眼』の業務は、旅行業法に則り、パンフレットの請求・問い合わせに対するご送付、ご相談対応などに限定し、旅行申込先・旅行申込書の送付、旅行費の授受、旅行条件締結、交通・宿泊などの手配、実施などの旅行業務は株式会社・国際交流サービスが行います。
 旅行の発着が東京、大阪、現地合流となりますがサービス重視から、東京発着旅行には原則として『トンボの眼』佐々木章(一般旅行業務取扱主任者および旅程管理者資格所持)が添乗業務いたします。
 旅行商品の選択幅が広がること、より安心・安全の旅がしていただけること、関東、関西両地域からの集客によるスケールメリットが旅行代金の低価格化が可能となると共に実施率が高まることなどのメリットが生まれます。 引き続きのご愛顧のほどお願い申しあげます。
 今回は国際交流サービスの主催旅行の一部をご紹介しております。旅行内容詳細明記のパンフレットをご用意しております。ご請求、ご検討のうえ、お気軽にご参加ください。

※資料請求受付は終了いたしました。