PAGETOP

旅行案内

林俊雄先生同行解説旅行
「ロシアの博物館でシルクロードの至宝を満喫する旅」

 2日間のエルミタージュ美術館徹底見学とロシア国立人類学・民族学博物館・プーシキン美術館・国立歴史博物館でシルクロード関連遺物を徹底見学−セントラルヒーティング完備の博物館、ホテル、外部は冬景色でも室内では全く寒さを感じません。怖気付く心配は全くありません。観光が目的なら春・秋がお勧め、冬こそ博物館徹底見学がお勧めです。

期間:2017年3月29日(水)〜4月3日(月)=6日間
※当初予定2017年1月18日(水)〜1月23日(月)より延期、再募集しています。
同行解説:林俊雄先生(創価大学教授)
旅行代金:未定(燃費サーチャージ・成田空港施設使用料・ロシア空港税合計25,610円は別途料金)
一人部屋追加料金: 未定
食事:全食付(朝・4・昼・4<うち機内食1>・夕4回)
最少催行:10名
定員:20名
添乗員:成田より『トンボの眼』佐々木が同行しお世話いたします。
◆ 発着:成田国際空港集合・解散
◆ 利用航空会社:アエロフロートロシア航空(SU)
◆ 利用予定ホテル:サンクトペテロブルグ:ホテルペトロパレス※エルミタージュ美術館徒歩圏内、モスクワ:ベストウエスタン・ヴェガ
◆ 締切:2016年12月6日(火)
◆ この旅行ではロシア査証が必要です。査証取得代行料金(実費4000円・手数料5000円)は旅費に含まれません。ビザ取得にはパスポート原本、写真1枚(4.5cmx3.5cm)をご準備いただきますが、催行決定後、別途ご案内いたします。

旅程

■ 1日目
成田空港(13:10)→ SU261→(17:35)モスクワ乗換え(20:25)→SU030→(21:50)サンクトペテルブルグ空港=サンクトペテルブルグ市内
(サンクトペテルブルグ・ホテルペトロパレス泊)
■ 2日目
サンクトペテルブルグ滞在
エルミタージュ美術館鑑賞・Part 1
※ 2日間に渡り、黒海、中央アジアから東アジア・中国に至る古代文化の至宝をじっくりと鑑賞。鑑賞のハイライト
・ピョートル1世のシベリアコレクション−黄金装飾品などスキタイ遺物。
・ペンジケント壁画を中心とする中央アジアのソグド遺物
・騎馬遊牧民文化を伝える凍結墳墓・パジリク古墳の遺物
・敦煌、ホータン、トルファンなどのシルクロード壁画・塑像の数々
(午前、午後各2時間の専門ガイド付き鑑賞、他に館内で自由鑑賞時間(ヨーロッパ絵画鑑賞などご自身のご興味にあわせた見学時間も設けます。(昼食は美術館内のカフェテラスでお取りいただきます。)
(サンクトペテルブルグ・ホテルペトロパレス泊)
■ 3日目
サンクトペテルブルグ滞在
エルミタージュ美術館鑑賞・Part 2
(サンクトペテルブルグ・ホテルペトロパレス泊)
■ 4日目
午前:ロシア国立人類学・民族学博物館鑑賞
・ ロシアの民族衣装、中央アジアの現代展示、シベリア諸族のシャーマンの展示、ロマノフ王朝寄贈の金銀宝石等々の展示。
特別扱いとして大黒屋光太夫など漂流民の資料展示。
午後:自由行動。
OP:市内小観光(通常観光+スフィンクス、・ブルジュワルスキー記念碑(アレクサンドル庭園)見学。
夕刻、空港へ。サンクトペテルブルグ空港(17:35)→SU021→(18:55)モスクワ空港=モスクワ市内
(モスクワ・ベストウエスタン・ヴェガ泊)
■ 5日目
午前:プーシキン美術館本館鑑賞
・エジプトのファイユーム地方からの出土品、・シュリーマン発掘のトロイ遺跡の出土品・・メソポタミア、ペルシアの出土品、他に美術鑑賞の時間も設けます。
午後:モスクワ小観光(クレムリン・赤の広場の見学と国立歴史博物のスキタイ遺品鑑賞など)
夕刻、夕食後、空港へ。モスクワ空港(20:00)→SU262→(機中泊)→
■ 6日目
→(11:40) 成田着(11:40)

資料請求・お問い合わせ先

上記の海外旅行は『トンボの眼編集室』が企画し、株式会社・国際交流サービス(大阪市中央区久宝寺町1-7-16ハイタウン北久宝寺ビル102・観光庁長官登録旅行業第1793号)が旅行企画・実施する募集企画型旅行です。

お問合せ、資料請求は、『トンボの眼編集室』まで。
〒234-0051 横浜市港南区日野8-16-3-104
TEL:090-1706-6024 FAX:045-846-9781
担当:佐々木 章

※資料請求受付は終了いたしました。