PAGETOP

旅行案内

7月・T/林俊雄先生同行解説
「モンゴル草原に遊牧騎馬文化を探る」

期間:2017年7月31日(月)〜8月7日(月)=8日間
同行解説:林俊雄先生(創価大学教授)
旅行代金:398,000円(2名1室)
空港使用料(羽田空港、モンゴルおよび燃油サーチャージ・航空特別保険料計約6,940円)が別途必要となります。
一人部屋追加料金: 13,000円(ウランバートル2泊のみ、他宿泊地では2名〜4名のゲルでの相部屋となります)
食事:全食付(朝食7回、昼食6回、夕食7回、機内食2回)
最少催行:8名
定員:14名
添乗員:成田から『トンボの眼』佐々木章が同行しお世話いたします。
◆ 成田空港発着
◆ 全行程、ランドローバー4WD(4名定員)に分乗しての踏査旅行となります。
◆ 締め切り:5月31日(水)までにご予約をお済ませください。※繁忙期につき航空機早期確保が必要につき締切を早めております。
◆ 企画:『トンボの眼』
◆ 旅行企画実施:株式会社TABi’Z(タビーズ観光庁長官登録旅行業1906号)
ノインウラ匈奴墓
ノインウラ匈奴墓
グプト碑文
グプト碑文
鹿石
鹿石
ゲル
ゲル
ランドローバー
ランドローバー

旅程

■ 1日目
成田空港(14:40)→モンゴル航空OM502→(18:50 )ウランバートル空港=ウランバートル
(ウランバートル泊)
■ 2日目
午前:ウランバートル(考古研究所・国立歴史博物館)=午後:ノインウラ匈奴墓=ウンゲドゥ突厥遺跡=ホスタイ
(ホスタイ国立公園泊)
■ 3日目
ホスタイ=ザーマル乙突墓見学=ハルブフ(遼代のハルブフ城址)=ホショーツァイダム(ホショーツァイダム博物館・突厥のビルゲ汗廟、キョルテギン廟出土遺物・ビルゲ汗廟)=ハルホリン
(ハルホリン泊)
■ 4日目
ハルホリン(エルデニゾーラマ教寺院・ハルホリン博物館・モンゴル帝国第二代オゴタイ・ハーン万安宮跡)=ハルバルガス(ウイグル帝国のハルバルガス都城)=ツェンヘル温泉
(ツェンヘル温泉泊)
■ 5日目
ツェンヘル温泉=ツェツェルグ(ツェツェルグ博物館・ブグト碑文)=ハヌイ川沿い=ゴルモド巾嚇枴茵β膩神兩伉諭鹿石=シベートオラーン遺跡=フヌイ川沿い=ツェツェルグ
(ツェツェルグ泊)
■ 6日目
ツェツェルグ博物館・ブグト碑文)=オルホン川渡河(昼食)=ホスタイ国立公園
(ホスタイ国立公園泊)
■ 7日目
ホスタイ国立公園=第二突厥の功臣トニュククの廟(トニュクク碑文・バルバル列石)=匈奴時代のホスティンボラグ製鉄遺跡=ウランバートル近郊(巨大なチンギスハン騎馬像・青銅器博物館)=ウランバートル
(ウランバートル泊)
■ 8日目
ウランバートル=ウランバ―トル空港(08:05)→モンゴル航空OM501→(13:40)成田空港、着後、解散。

お問合せ、資料請求は、『トンボの眼』

旅行内容詳細明記のパンフレットをご用意しております。ご請求、ご検討のうえ、お気軽にご参加ください。

 〒234-0051 横浜市港南区日野8-16-3-104
 『トンボの眼』
 TEL : 090-1706-6024 FAX : 045-846-9781
 担当 : 佐々木 章

上記の海外旅行は株式会社TABi’Z(タビーズ)(観光庁長官登録旅行業1906号JATA会員・ボンド保証会員 〒108-0014東京都港区芝 5-13-18 いちご三田ビル9Fタビーズの旅受付ディスクTel: 03-6661-2300・Fax: 03-6264-8737)が旅行企画・実施する一般募集型主催旅行です。『トンボの眼』の業務は、旅行業法に則り、パンフレットの請求・問い合わせに対するご送付、ご相談対応などに限定し、旅行申込先・旅行申込書の送付、旅行費の授受、旅行条件締結、交通・宿泊などの手配、実施などの旅行業務は株式会社・TABi’Z(タビーズ)が行っております。旅行実施にあたっては添乗員として『トンボの眼』編集室・佐々木章(一般旅行業務取扱主任者および旅程管理者資格所持)が株式会社TABi’Z(タビーズ)の契約添乗員として集合地から全行程添乗業務いたします。

『トンボの眼』では、講座担当講師による講師同行旅行、同行講師は付きませんが『トンボの眼』ならではのオリジナル旅行など歴史・考古学にテーマを特化した旅行を企画してまいります。ご愛顧のほどお願いいたします。