PAGETOP

旅行案内

TK/松井潔先生同行解説
「鳥取・島根 史跡と考古の旅」

期間:2017年9月27日(水)〜9月29日(金)=3日間
同行解説:松井潔先生(鳥取県埋蔵文化財センター発掘事業室室長)
旅行代金:59,500円(2名1室ご利用お一人様の料金です)
一人部屋追加料金: 4,500円(部屋数に限りがございますのでお早目にお申し込みください)
食事:全食事付(朝食2回・昼食3回・夕食2回)
最少催行:30名
添乗員:新大阪駅より同行いたします。
◆ 新大阪駅集合・解散(ご希望の方には前泊ホテル・新大阪ワシントンホテルプラザを手配いたします。1泊朝食付き・別途料金)
◆ 締め切り:8月25日(金)但し、定員になり次第締め切ります。
◆ 旅行企画/『トンボの眼』・国際交流サービス
◆ 旅行企画・実施:株式会社 国際交流サービス

【ツアーへのお誘い】 今年の旅では出雲地方(島根県)東部まで足を伸ばして、山陰地方を代表する古墳の数々を中心にご覧いただくことにしました。特に出雲東部では島根県の考古学研究の第一人者である「八雲立つ風土記の丘資料館」館長の松本岩雄先生がガイドに加わります。またとない機会ですので多くの皆様のご参加をお待ちしております。 松井潔

旅程

■ 1日目
(08:20)JR新大阪駅正面口集合=安来市(初頭の安来平野の王墓・塩津山1号墳(国史跡)、宮山墳墓群(国史跡)、四隅突出型墳墓・仲仙寺(ちゅうせんじ)墳墓群、竪穴式石郭の造山古墳群(国指定史跡)
(松江市内・ホテルルートイン松江泊)
■ 2日目
松江市内=松江(出雲地域の考古資料展示・八雲立つ風土記の丘、額田部臣」銘の太刀出土古墳岡田山1号墳・2号墳、前方後方墳・山代二子塚古墳)、伯耆国分寺跡、三角縁獣文帯三神三獣鏡出土・上神(かずわ)大将塚古墳=東伯郡(山陰地方最大の前方後円墳・北山古墳(国史跡))=倉吉市内
(倉吉市内・倉吉シティーホテル泊)
■ 3日目
倉吉市内=東伯郡(湯梨浜町立歴史民俗資料館)=鳥取市(「地下の弥生博物館」青谷上寺地遺跡出土・青谷上寺地遺跡展示館(展示リニューアル)、鳥取県立博物館、因幡地域最大の前方後円墳・古郡家1号墳、六部山3号墳)=(18:30頃)新大阪駅着。解散。

※資料請求受付は終了いたしました。