PAGETOP

地域再生・地域振興

『トンボの眼』の取り組み

 このページでは『トンボの眼』の地域再生・地域振興に関する取り組みを紹介します。世界遺産を活用した町づくりへの取り組み、観光振興による地域の再生など具体的な事例を掲載していく予定です。

地域再生・地域振興


世界遺産と地域再生

毛利和雄  ジャーナリスト

 本誌で何回も取り上げてきた瀬戸内の歴史的港湾、福山市鞆港の埋立道路橋問題と福山城の保存問題は、いずれも正念場を迎えた。それらの問題の解決を願って拙著『世界遺産と地域再生―問われるまちづくり』を上梓した。

全文を読む。


緊急アピール 鞆のまちづくりに支援を
『トンボの眼』8号より

毛利和雄  ジャーナリスト

 2月25日の日曜日に、今年で5年目を迎える「町並ひな祭」でにぎわう福山市鞆を訪ねた。店先や歴史民俗資料館に江戸時代以来の雛人形が並び、訪れるひとびとの目を楽しませていた。今回は、国立歴史博物館の小野正敏教授を代表とする中世の共同研究のグループに同行しての鞆訪問だった。一行は、寺院の境内にある五輪塔など石造物の研究をするのが目的だが、私が埋立て道路橋の問題で緊迫している鞆の情勢を伝えると……

全文を読む。