PAGETOP

美術館・博物館案内

<東京> 英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠
ジョン・エヴァレット・ミレイ展

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
期間:8月30日(土)〜10月26日(日)
時間:10:00〜19:00(金・土は21:00まで、入館は閉館30分前まで)
休館:会期中無休

 水流に浮かぶ美女と緑の水草、汀の可憐な花々―巨匠シェークスピアの戯曲「ハムレット」に登場する悲劇のヒロインが正気を失い、小川で溺死する場面を描いた名作『オフェリア』である。

 作者は、19世紀のイギリスを代表する画家ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829〜96)。ミレイは早くから絵の才能を認められ、1840年には、11歳という若さで、ロイヤル・アカデミー王立美術学校に入学している。‘48年秋、「ラファエル前派兄弟団」を結成し、自然のあるがままの姿に注力するなど、新しい美術を模索し、数々の傑作を世に出した。

 本展は、ミレイの10代から晩年までの画業を紹介する回顧展。彼が生きたヴィクトリア朝時代の代表作とさえる『オフェリア』を始め、約80点が展示される。

ジョン・エヴァレット・ミレイ展