PAGETOP

美術館・博物館案内

<東京> 光の天才画家とデルフトの巨匠たち
フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち

会場:東京都美術館
期間:8月2日(土)〜12月14日(日)
時間:09:00〜17:00(金は〜20:00、入室は閉室30分前まで)
休室:月休、ただし月祝日の場合は開室し翌日休
公式HP:フェルメール展〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜

 ヨハネス。フェルメール(1632〜1675)は、オランダのハーグ近くのデルフトという少都市に生まれました。彼がその生涯で残した作品は、わずかに30数点。この作品の少なさと、光を紡ぐ独特の美しさから、彼は光の天才画家といえるでしょう。フェルメールの作品が展覧会へ出品されることは、ほとんどありません。しかし2008年、日本との修好150周年を記念する欧米各国の多大なる尽力により、フェルメールの作品を中心に、オランダ絵画の黄金期を代表するデルフトの巨匠たちの絵画を一堂に集めた奇跡の展覧会が実現することになりました。出品されるフェルメールの作品は、晩年の優れた様式で描かれた『手紙を書く婦人と召使い』、光に満ちた美しい空間を描いた風俗画の傑作『ワイングラスを持つ娘』、現存する2点の風景画のうちの1点『小路』、近年フェルメール作と認定され大きな話題となった『ヴァージナルの前に座る若い女』、その他『マルタとマリアの家のキリスト』、『ディアナとニンフたち』そして『リュートを調弦する女』と日本初公開5点を含む今世紀最多7点の来日です。このほかレンブラントに天才と賞され、フェルメールの師との説もあるカレル・ファブリティウス(1622〜1654)や、デルフトに特有の技法を確立させたピーテル・デ・ホーホ(1629〜1648)など、世界的にもごく稀少で非常に評価の高いデルフトの巨匠の作品、38点が展示されます。デルフトの芸術家による名作がこれほど一度に集うことは、本国オランダでも稀有であり、この奇跡の展覧会は、私たちにとってまさに一生に一度しかめぐり合えることのない機会といえるでしょう。

フェルメール展 チラシ表フェルメール展 チラシ裏