PAGETOP

美術館・博物館案内

<京都> 日仏交流150周年記念/京都市・パリ市姉妹都市盟約締結50周年記念
芸術都市パリの100年展

会場:京都市美術館
期間:9月13日(土)〜11月3日(月・祝)
時間:09:00〜17:00(金は19:00まで、入館は閉館30分前まで)
休館:月休、9月15日、10月13日、11月3日は開館
公式HP:芸術都市パリの100年展

 世界中の人々を魅了するパリは、芸術都市として今も高い人気を誇ります。
19世紀〜20世紀には多くの芸術家が夢を持って集い、才能を開花させました。特に1830年から1930年は、理想の都市を目指したパリが最も世界で輝いていた時期といえるでしょう。

 本展ではその100年に焦点をあて、ルノワール、セザンヌ、ユトリロら芸術家たちが見たパリを、油彩画、彫刻、素描、写真など約140点の優れた作品によってご覧いただきます。また、この展覧会は、日本とフランス、京都市とパリ市交流の節目を記念して開催されるもので、ルーヴル、オルセー、ポンピドゥー、プティ・パレ、カルナヴァレ、ロダン、マルローなどパリを中心としたフランス国内15の美術館から出品されます。

 特にルノワールの「ニニ・ロペスの肖像」やセザンヌの「聖アントワーヌの誘惑」など日本初公開の作品も展覧され、注目の内容となっています。

芸術都市パリの100年展 チラシ表芸術都市パリの100年展 チラシ裏