PAGETOP

美術館・博物館案内

対馬市文化財シンポジウム
対馬の古代史を探る−山城と古墳が築かれた謎の7世紀の謎

 対馬の古代は謎に包まれています。日本書紀に記された金田城の築城(667)と国内初の銀の産出(674)、前後して築かれた矢立山古墳群、サイノヤマ古墳、保床山古墳は 何を語っているのか・・・。これら墳丘を持った古墳の出現は当時人々にどのような影響を与えたのか。築造に携わった人々、被葬者については解明されていない点が多い。これまで蓄積された文献資料、考古学研究、発掘調査成果を基に各分野の専門家を招き、シンポジウムを開催します。対馬に今も遺る 貴重な遺跡の普及・啓発に努め、今後の史跡整備のあり方について考えを深め合うことを目的に開催いたします。

【シンポジウム】

日時:10月1日(土) 13:00〜17:00
場所:対馬市交流センター2階イベントホール

【現地見学会】

日時:10月2日(日) 08:15〜16:20
集合:対馬市交流センター

※問い合わせ : 対馬市教育委員会文化財課
 TEL : 0920-54-2341
 FAX : 0920-54-4046
 代表メール : k_bunkazai@city-tsushima.jp