PAGETOP

美術館・博物館案内

東日本大震災チャリティーシンポジウム
世界遺産平泉に学ぶ−世界遺産と都市−

期日:10月23日(日)10:00〜16:30
会場:東京国立博物館 平成館講堂
聴講:無料

 1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」いわゆる「世界遺産条約」は、来年で採択40年を迎える。また、世界遺産一覧表に登録された物件は1000件に達しようとしている。この条約を1992年に批准し締約国となった日本でも、今年、岩手県の「平泉」と小笠原諸島が登録され、世界遺産一覧表に記載された日本の資産は16となった。

 本シンポジウムでは、岩手・平泉の取り組みを軸に、日本における世界遺産登録の課題や展望、および世界遺産条約の将来について検討する。

基調講演「世界遺産と日本」
講師近藤誠一 文化庁長官
資産紹介映像により、平泉を解説
講演「東北復興の光、世界遺産平泉」
講師大矢邦宣 平泉文化遺産センター館長
問題提起「世界遺産登録の課題〜都市との関わりのなかで」
講師青柳正規 国立西洋美術館館長
資産紹介映像により、国立西洋美術館、鎌倉、百舌鳥・古市古墳群を解説
公開討論「世界遺産と都市」
パネリスト青柳正規(国立西洋美術館館長)、大矢邦宣(平泉文化遺産センター長)、岡田保良(国士舘大学教授)、佐藤 信(東京大学大学院教授)、宗田好史(京都府立大学准教授)
コーディネーター毛利和雄(NHK解説委員)

「世界遺産平泉に学ぶ−世界遺産と都市−」 チラシ表 「世界遺産平泉に学ぶ−世界遺産と都市−」 チラシ裏

◆お申し込み方法

名前、連絡先(電話番号・FAX番号・E-mailアドレス)をご記入の上、10月13日(木)までに事務局までE-mailまたはFAXにて。(定員400名)

[送付先] 世界遺産シンポジウム実行委員会事務局
 E-mail : wh111023@gmail.com
 Fax : 03-3823-4867
[問い合わせ]
 Tel : 03-5215-5516