PAGETOP

美術館・博物館案内

平成24年度春季特別展
「王と首長の神まつり−古墳時代の祭祀と信仰−」

会場:近つ飛鳥博物館
期間:4月28日(土)〜7月1日(日)
時間:10:00〜17:00(入館は30分前まで)
休館:毎週月曜日、ただし4月30日(月)は開館

 古来、人々は様々な場で神まつりを行ってきました。古墳時代には、居館や集落、水辺、あるいは峠や山、島など様々な場面で神まつりが行われたと考えられています。こうしたまつりには、仏教以前の基層信仰や外来信仰、そして古代国家形成期の社会状況が反映されていると考えることができるでしょう。

 この展示では、古代国家の形成期である古墳時代から古代にかけての神まつりのあり方をみていただくことにより、古墳時代の人々の思想や信仰に迫りたいと思います。

「王と首長の神まつり−古墳時代の祭祀と信仰−」 チラシ表 「王と首長の神まつり−古墳時代の祭祀と信仰−」 チラシ裏