PAGETOP

美術館・博物館案内

世界遺産登録推進3館連携特別展
『古都鎌倉と武家文化−武士たちの信仰と美術−』

世界遺産への登録を目指す「武家の古都・鎌倉」を共通テーマに掲げ、神奈川県立歴史博物館、神奈川県立金沢文庫、鎌倉国宝館による三館連携特別展が開催されます。

会場:鎌倉国宝館(鎌倉市雪ノ下2-1-1 鶴岡八幡宮境内)
期間:10月20日(土)〜12月2日(日)
時間:09:00〜16:30(入館は30分前まで)
休館:月曜日

 鎌倉国宝館会場では、鎌倉市内における世界遺産候補地の寺社の文化財・美術作品を中心に、国宝7件、重要文化財42件を含む計79件の珠玉の名宝を展示し、古都鎌倉で育まれた豊かな武家文化を紹介します。展覧会の第1章「武家の信仰と造像」では、鎌倉武士たちの発願した仏像が一堂に会します。とくに慶派仏師との関わりに注目しながら、武士たちの信仰の諸相と鎌倉地方彫刻の展開を探っていきます。また禅宗寺院を中心に流行した宋風と呼ばれる中国式の彫刻作品や、武家とともに鎌倉で活躍した高僧の彫像なども併せて紹介していきます。第2章「鎌倉文化の展開」では、開幕当初の京都文化摂取の様相から、中国宋元文化を積極的に受容し鎌倉独自の文化を築いていく過程を、絵画作品や工芸作品を中心に跡付けていきます。源頼朝ゆかりの古神宝類や、禅僧の肖像画である頂相、水墨画や将来仏画、鎌倉様式で描かれた絵巻など、鎌倉を代表する多種多様な美術作品を網羅的に展観します。第3章「頼朝と鎌倉武士」では、古文書や歴史資料を中心に、源頼朝をはじめとする源氏三代、そして北条氏や御家人たちの事跡をたどり、また鎌倉における寺社の発展の様相についても焦点を当てます。さらに武士たちの姿を現した肖像作品により、彼らの具体的なイメージ像についても迫ってみたいと思います。

「古都鎌倉と武家文化−武士たちの信仰と美術−」 チラシ表 「古都鎌倉と武家文化−武士たちの信仰と美術−」 チラシ裏