PAGETOP

美術館・博物館案内

『台北 國立故宮博物院 神品至宝―』

台北 故宮 選りすぐりの名宝186件、日本初公開!

会場:東京国立博物館
期間:2014年6月24日(火)〜9月15日(月)
(ただし 翠玉「白菜」展示は7/7まで)

台北故宮のスーパースター・翠玉「白菜」
翠玉という硬い石材でありながら、白菜の葉のしなやかさや、葉の上にとまった虫たちのいきいきとした姿まで余すことなく掘り表されています。中国では18世〜19世紀に石材が本来もっている色の違いをいかした彫刻作品が盛んに造られました。なかでも翠玉「白菜」は代表的な作例で、素材の緑の部分を葉先と虫に、白の部分を葉の芯にあてた巧みな技が光ります。選りすがれた天然の美と洗練された技が織りなす、これこそ究極の「神品」です。
※白菜は「純潔」を、ばった類は「多産」を意味します。清の第11代皇帝・光緒帝の妃であった瑾妃(きんび)の宮殿に置かれていました。(東京国立博物館ニュースより)

「台北 國立故宮博物院 神品至宝―」 チラシ1
「台北 國立故宮博物院 神品至宝―」 チラシ2 「台北 國立故宮博物院 神品至宝―」 チラシ3