PAGETOP

共に生きる

石崎先輩からのメール通信(1)

石崎先輩からのメール通信

 富山県立高岡高校12回卒業(昭和35年卒業)の首都圏同窓会の会長の一宮宗昭さんから、すばらしい日光の紅葉の写真が3枚届きました。2012年11月撮影。彼はいいカメラをいつも持参しており、同窓会の年1回の海外旅行ではすばらしい写真を撮り、送ってくれました。

 私が初参加の2005年のインドのムンバイ&アジャンター石窟遺跡、カンボジアのアンコールワット遺跡、2008年のペルーの世界遺産で一番人気のマチュピチュ遺跡やチチカカ湖の島、そして私は最後になりましたが、2009年のベトナムのハロン湾などのすばらしい景観の写真を送ってくれました。

石崎先輩からのメール通信

 2010年のトルコ旅行(石崎は5年前に16日間も)、そして今年のヨルダン・イスラエル旅行には私は参加しませんでした。海外旅行をやり過ぎまして、「ゲルピン」状態になったためです。

 何しろ完全リタイア以来、5年間で25回(グアムや台湾・高雄、中国・海南島や韓国・済州島やフィリピンのセブ島などのゴルフツアーも含め)もやれば、退職金の老後貯金もなくなりまして、いまはごく普通のつましい年金生活者になりました。その割りにはゴルフやら北新地やらまだまだ遊び過ぎといわれていますがね。「(グアムゴルフと割安の韓国、台湾、中国は除く)海外渡航禁止令」発令中です。ヨーロッパ方面はもう無理ですなあ。身体もしんどいか。負け惜しみです。

 いまは故障で完全ダウンした自宅パソコンンを買い換えて、新しい鮮明な画面でたくさん撮影してきた海外旅行写真のCD−Rでスライドショーを楽しんでいます。仲間にパソコンマニアがいて、みんなの写真やビデオを編集、これまでの海外旅行の度に現地の民族音楽などをバックグランドミュージックにしたDVDも送ってくれましたから、退屈しません。

石崎先輩からのメール通信

 今年は紅葉がすばらしいいとのこと、京都は20日過ぎがいいらしい。美術館めぐりなどを兼ねて久しぶりに鞍馬や三千院あたりを散策します。

 それにしても日光の写真は光線の具合がなんともよろしいな。

※石崎先輩=同窓会の先輩でもありません。同じ会社の先輩であったわけでもありません。しかし。先輩としかお呼びできない方です。