PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

『トンボの眼・横浜教室』開講記念・仁藤敦史先生連続5回講座
「変革期の王権と外交?継体・欽明朝を考える?」

講師:仁藤敦史先生(国立歴史民俗博物館教授)
資料代:全5回12,000円(500円割引事前払い) 各回2,500円(事前払い)
1週間前?前日申し込み各回2,800円(会場徴収)

神奈川県外在住者参加特典 横浜駅までの交通費負担を考慮し、各回終了後に以後講座で利用できる講演会割引券(500円相当)を進呈
※各回講座終了後(午後(13:00?16:00)に「国際都市横浜の歴史を歩く」のご案内をいたします。散歩コース(各回別コース)は後日発表。

 前期の五世紀に引き続き六世紀を考える。継体・欽明期における大きな変革は一系的な血縁継承の開始であり、他の氏族とは区別されたカリスマ的な王統が成立したことが指摘できる。さらに政治基調としては「倭の五王」段階に顕著であった「外向きの軍事王」と評価される外交・軍事中心から、内政の重視への転換が見られる。具体的には対百済外交の転換であり、百済王族や五経博士の定期的な交替派遣と仏教に象徴される先進文物の提供という「質」と「賂」を中心とした時代に転換した。これに伴い、ミヤケ制・国造制・部民制という国内支配制度の整備による内政の充実がおこなわれ、並行して一系的な王統譜の形成による、神話と系譜、および神祇制度といったイデオロギー的な整備もおこなわれた。


第1回 

日時:2018年12月9日(日) 10:00~12:00 (開場09:45)
会場:かながわ県民センター 15階1503号室(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
交通:JR・私鉄「横浜駅」西口またはきた西口を出て徒歩5分
横浜市営地下鉄「横浜駅」地下鉄北出口6から徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

第2回 

日時:2019年1月6日(日) 10:00~12:00 (開場09:45)
会場:かながわ県民センター 3階305号室(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
交通:JR・私鉄「横浜駅」西口またはきた西口を出て徒歩5分
横浜市営地下鉄「横浜駅」地下鉄北出口6から徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

第3回 

日時:2019年2月10日(日) 09:00~11:00 (開場08:45)
会場:かながわ県民センター 15階1502号室(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
交通:JR・私鉄「横浜駅」西口またはきた西口を出て徒歩5分
横浜市営地下鉄「横浜駅」地下鉄北出口6から徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

第4回 ※開始時間にご注意ください。(09:00?11:00 (開場08:45))

日時:2019年3月21日(木) 10:00~12:00 (開場09:45)
会場:かながわ県民センター 15階1501号室(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
交通:JR・私鉄「横浜駅」西口またはきた西口を出て徒歩5分
横浜市営地下鉄「横浜駅」地下鉄北出口6から徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

第5回 

日時:2019年4月7日(日) 13:30~15:30 (開場13:00)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

仁藤敦史先生の横顔

 1982年早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業、1989年早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻博士後期課程年満期退学、1989年 早稲田大学第一文学部助手、国立歴史民俗博物館歴史研究部助手、助教授、准教授を経て、現在、国立歴史民俗博物館研究部教授、総合研究大学院大学文化科学研究科日本歴史研究専攻教授併任。博士(文学)

主要著書

 『古代王権と都城』吉川 弘文館、「律令国家の王権と儀礼」『日本の時代史』4 吉川弘文館、「卑弥呼と台与―倭国の女王たち」(日本史リブレット人)山川出版、女帝の世紀―皇位継承と政争(角川選書)卑弥呼の「戦争と平和」―「魏志倭人伝」を読む(歴博ブックレット(3))日本史講座〈第1巻〉東アジアにおける国家の形成 歴史学研究会 日本史研究会など多数。


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。