PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

河内春人先生・連続3回講座
「倭の五王の外交と東アジア?中国史書から読み解く?」

講師:河内春人先生(関東学院大学准教授)
資料代:各回2,500円(事前払い) 当日払い2,800円(事前申し込み要)

 中国史書『宋書』倭国伝には邪馬台国による交信が途絶えてから150年を経て、五世紀に中国へ讃・珍・済・興・武の倭の五王が中国へ使者を派遣したことが記されています。当時、朝鮮半島では高句麗・百済・新羅が争い、倭もその渦中にありました。本講座では倭王の中国への”接近”の意図や状況など、中国史書からうかがえる”外交”に焦点を当てて解説いただきます。


第1回 

日時:2018年12月22日(土) 10:00~12:00 (開場09:45)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

第2回 ・五世紀に倭の五王が中国との外交を始めることになる歴史的前提を探ります。

日時:2019年1月26日(土) 10:00~12:00 (開場09:45)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

・五世紀に倭の五王が中国との外交を始めることになる歴史的前提を探ります。

第3回 ・倭の五王の時代の国際関係を見渡し、倭国の外交政策について考えます。

日時:2019年2月23日(土) 10:12~12:00 (開場09:45)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

・倭の五王の時代の国際関係を見渡し、倭国の外交政策について考えます。


河内春人先生の横顔

 1970年東京都生まれ。93年明治大学文学部卒業。2000年明治大学大学院博士後期過程中退、2002年日本学術振興会特別研究員(PD)、博士、明治大学・立教大学・中央大学・大東文化大学・首都学東京など兼任講師を経て、現在、関東学院大学准教授。

主要著書

 『東アジア交流史の中の遣唐使』(汲古書院・2013念)、『日本古代君主号の研究ー倭国王・ 天子・天皇』(八木書店・2015年)、『倭の五王ー王位継承と五世紀の東アジア』(中公新書・2018年)、共著『古代中国・日本における学術と支配』(同成社・2013年)、『藤原仲麻呂と その時代』(岩田書院・2013年)、『梁職貢図と東部ユーラシア世界』(勉誠出版・2014年)『日本古代の地域と交流』(塙書房・2016年)、『日朝関係史』(吉川弘文館・2017年)他多数。訳書 シャルロッテ・フォン・ヴェアシュア著『モノが語る日本対外交易史』(藤原書店・2011年)


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。