Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/F10295675000001/public_html/common.php on line 1475
トンボの眼Web - 旅行案内
PAGETOP

旅行案内

東潮先生同行解説旅行
倭の五王の時代の南朝のみやこを訪れる

 『宋書倭国電伝』に記された倭の五王の時代の南朝の都・南京と丹陽を訪れます。南京に3連泊し、南京の南朝帝陵、石頭城(呉建業城)、南京博物院、南京六朝博物館、朝天宮(南京市博物館)、丹陽の南朝陵墓群、梁文帝石刻などを見学、最近発見された『文選』の編纂者として知られる昭明太子の壁画墓も訪れます。倭?百済・加耶・高句麗?南朝を結びつける旅です。

期間:2019年4月9日(火)~4月14日(日)=6日間
同行解説:東潮先生(徳島大学名誉教授)
旅行代金:265,000円
 (2名1室・お二人参加の場合のお一人様料金)
※空港使用料[成田空港2,730円、中国の空港約2,800円]、燃油サーチャージ・航空特別保険料[全行程分合計約4,000円]は別途必要となります。
第1期・早期割引旅行代金:255,000円
 (1月25日(金)までに旅行申込手続きを終了の場合に適用)
第2期・早期割引旅行代金:260,000円
 (2月22日(金)までに旅行申込手続きを終了の場合に適用)
一人部屋追加料金: 30,000円(お一人申込みの際の追加料金)
食事:全食付(朝5・昼5・夕5回・機内1回)
添乗員:成田空港より『トンボの眼』佐々木章が同行しお世話いたします。
◆ 利用航空機会社:中国東方航空(MU)など。
◆ 成田空港発着
◆ 利用予定ホテル 南京:状元楼酒店または同等クラスホテル
◆ 揚州:花園国際酒店または同等クラスホテル
◆ 丹陽:金陵丹陽飯店または同等クラスホテル
◆ 締め切り:3月1日(金)  ※ただし満席に達し次第締め切ります。
◆ 旅行企画:『トンボの眼』編集室
◆ 旅行企画・実施:株式会社タビーズ(観光庁長官登録旅行業1906号)旅行取り扱い旅行社:株式会社三進トラベルサービス(東京都知事登録旅行業第2?6204号)

旅程

■ 1日目
成田空港(13:00)→中国東方航空MU776便→(15:15)南京空港
(南京泊)
■ 2日目
南京城中華門・南京博物院・朝天宮(南京市博物館)・石頭城(呉建業城)。南京六朝博物館・東晋歴史文化博物館・東晋歴史文化博物館(江寧博物館)。南朝帝陵・宋長寧陵・梁粛秀墓・陳永寧陵
(南京泊)
■ 3日目
南京城中華門・南京博物院・朝天宮(南京市博物館)・石頭城(呉建業城)。南京六朝博物館・東晋歴史文化博物館・東晋歴史文化博物館(江寧博物館)。南朝帝陵・宋長寧陵・梁粛秀墓・陳永寧陵
(南京泊)
■ 4日目
南京=揚州 (揚州城国家考古遺址公園・揚州博物館新館・唐城遺址博物館・隋煬帝帝陵)
(揚州泊)
■ 5日目
揚州=丹陽 (南朝陵墓群・梁文帝順之建陵石刻・梁文帝粛衍修陵石刻・梁簡文帝粛綱荘陵石刻・梁文帝粛鷲康興安陵石刻) =陵口鎮(陵口村の南朝陵墓石刻)
(丹陽泊)
■ 6日目
丹陽=上海市内(上海博物館)=上海空港(17:15)→MU271→(20:55)成田空港着、解散。

※資料請求受付は終了いたしました。